中国の各種ビザの発給状況

コロナ禍、中国ビザの発給条件が厳しくなっています。

中国の各種ビザの発給状況

ノービザ
現在は停止中
日本人に対するノービザ渡航は停止されています。
(2020年3月31日~)
中国入国が可能な外国人は、2020年3月30日以降に発給された有効なビザを所持する方
有効な居留許可(永久居留許可、商務(工作)
私人事務および家族訪問)を持つかたです。
観光ビザ(L)
ビザ申請不可
現在は停止されてます。
短期商用ビザ(M)
ビザ申請可能
中国の省政府クラスの商務庁または人民政府外事弁公室が発行した 招聘状(邀请函/PU)を取得した経済・貿易・科学技術関連事業に従事するかた。

▶中国国内や香港などで中国製ワクチンを接種されたかたは、中国の省政府クラスの商務庁または人民政府外事弁公室が発行した招聘状(邀请函/PU)の提出省略が可能(2021年3月15日~)

▶有効なAPECビジネスカードをお持ちの方は、中国製ワクチン接種証明書と中国国内受け入れ先の招待状でビザ申請が可能

就労ビザ(Z)
ビザ申請可能
「外国人工作許可通知」及び中国の省政府クラスの商務庁または人民政府外事弁公室が発行した 政府からの招聘状(邀请函/PU)を取得した渡航先で就労するかた。

▶中国国内や香港などで中国製ワクチンを接種されたかたは、中国の省政府クラスの商務庁または人民政府外事弁公室が発行した招聘状(邀请函/PU)の提出省略が可能(2021年3月15日~)

就労者の家族ビザ
(S1 S2)
ビザ申請可能
中国の省政府クラスの商務庁または人民政府外事弁公室が発行した招聘状(邀请函/PU)を取得した渡航先で就労するかたの家族。
ただし、招聘状記載の事由が、商業貿易の場合はSビザ申請不可。
事由部分が長期停留の場合はS1。
事由が短期停留で最長停留天数180、90の場合はS2。▶中国国内や香港などで中国製ワクチンを接種されたかたは、中国の省政府クラスの商務庁または人民政府外事弁公室が発行した招聘状(邀请函/PU)の提出省略が可能(2021年3月15日~)
親族訪問
(Q1 Q2)
ビザ申請可能
重体や重病の直系親族の看病(父母、配偶者、子女、祖父母、孫)、あるいは直系親族の葬式参加のかたは、病院の入院証明書、あるいは死亡証明書、親族関係書類(出生証明書、結婚証明書、戸籍謄本、公安局の親族証明書、親族関係公証書など)のコピー、及び国内の親族からの招聘状と招聘者の身分証明証コピーの提出。

▶中国国内や香港などで中国製ワクチンを接種された家族の再会、支援、親戚の訪問、葬儀、または重病の親戚の訪問が渡航目的の方は、関連資料を提出。

上記の詳細は中国ビザ申請センターへお問い合わせください。

中国企業からの招聘状 邀请函/PU

中国ビザ最新情報へ⇒
中国就業(就労)ビザ申請サポートへ⇒

弊社へのお問い合わせ⇒