|

TOPページ

|

会社概要

|

就労ビザ申請代行

|

会社設立代行

|

翻訳・通訳

|

事務所代行

|

パソコン救急センター

|

運転免許取得サポート

|

役立ちリンク

|

内容が更新されます。ページを更新してください

在留邦人の帯同される御家族が中国の査証(ビザ)申請を行うための関連証明書類の発行について
(日本領事館HPより転載)

2013年9月29日
在上海日本国総領事館

中国の新しい「出境入境管理法」及び「出入国管理条例」については、これまでも当館より注意喚起を発出しておりますが、同条例が施行された9月1日以降、当地に駐在される在留邦人の帯同家族が申請・取得するビザは、これまでのZビザ或いはFビザ乃至Lビザから新設のS1又はS2ビザに変更となりました。

 これに伴い、S1又はS2ビザの申請に際し、中国の公安当局より、申請者と駐在員等との家族間関係(夫婦関係・親子関係)を証明する書類の提出を求められるケースがあり、在留邦人の方から当館への問い合わせが増加しております。

 家族間関係を証明する書類として、当館において発行可能な証明書類及びその手続き等は以下のとおりです。

 なお、ビザ申請の具体的な取扱いは個々の事案ごとに異なりますので、実際に手続を行う場合は、必要書類等について、あらかじめ各地の公安当局担当部署にお問い合わせください。

1 夫婦関係を証明する書類
婚姻証明

必要書類

全て原本

(1) 夫婦両方の旅券

(2) 戸籍謄(抄)本(発行日より3ヶ月以内)1通

申請人

(1)夫婦共に日本人の場合、夫婦のうち1名のみの来館で可。

(2)夫婦のうちどちらかが日本人の場合、日本人1名のみの来館で可(外国人が来館する場合、日本人の委任状が必要)。

可(但し、委任状が必要)

第三者の代理申請

可(但し、委任状が必要)

手数料・交付日数

90元、当日交付

2 親子関係を証明する書類
出生証明

必要書類

全て原本

(1) 子及びその両親両方の旅券

(2) 戸籍謄(抄)本(発行日に条件はない)1通

申請者

子又は両親のうち、いずれか1名(日本人に限る)のみの来館で可。
但し、子が未成年者の場合は、提出する戸籍謄(抄)本に記載ある親権者(1名で可)の来館が必要。

第三者の代理申請

可(但し、委任状が必要)

手数料・交付日数

90元、当日交付

※状況が変わっているケースもありますので、詳細は各地の日本大使館(領事館)にお問合せをしてください。

戻る → クリック

Copyright(C)2003 GLink21 Co.,Ltd. All Rights Reserved