|

TOPページ

|

会社概要

|

就労ビザ申請代行

|

会社設立代行

|

翻訳・通訳

|

事務所代行

|

パソコン救急センター

|

運転免許取得サポート

|

役立ちリンク

|

内容が更新されます。ページを更新してください

1.中国(上海)でのビザについて

2.就業ビザについて

3.中国のビザの詳細

4.参考資料

5. 就労ビザ取得手続き代行

6. Q&Aコーナー

2013年9月1日から中華人民共和国外国人入境出境管理条例が変わりました。 

中国における外国人就業規制
国家公務員および国家機関直属事業単位が外国人を雇用できないことを除けば、法律に外国人の雇用を禁止する業種についての明確な規定はありません。→詳細へ

2017年4月から入国管理法が変わります。
就業ビザ取得に関し、外国人はランク分けされよほどの経歴や技術を持った人以外は就業ビザの取得は難しくなります。

2017年3月末までに就業ビザの申請や更新をした方は今まで通り問題なく取得できます。

◎中国(上海エリア)でのビザについて

日本人はノービザでも中国に15日間滞在できますが、滞在期間が15日間を超える予定の時、または入国後に滞在期間が15日間を超えそうなときはビザの取得が必要です。
最近はオーバーステイの罰則が厳しくなっているのでご注意ください。

処罰内容
10日以下  警告
60日以下 罰金    日数x500元
2ヶ月以上4ヶ月以内  拘留7日
4ヶ月以上1年以内   拘留10日



※入国管理法改正後は、上海ではLビザやFビザは取得することは出来なくなってます。


日本でFビザ、Mビザを取得し中国(上海)に入ってきても、現地(上海)では更新ができませんので長期のビザを取得してください。
※日本や香港、上海以外のエリアで取得したFビザは上海では更新できません。
※ノービザからは、LやFも取得出来ません。


日本でMビザを取得する場合は招聘状が必要です(招聘状サンプル

ご自分で出来ない場合は、サポートをいたします。

お問い合わせはこちら>> info@glink21.com

中国上海での現地法人設立やビザ手続代行・コンサルティング・人材派遣・不動産仲介・通訳ガイド、中国語家庭教師派遣・名刺やパンフ等のデザイン制作等あらゆる角度から中国ビジネスをトータルにサポート!皆様に様々な情報をご提供します。

インターネット喫茶などからはこちらをご利用ください>> メールフォーム


表示が遅い場合はこちらをご覧ください>> www.checker21.com

就業ビザ(就労ビザ)について

2016年12月から就業ビザの取得方法が変わりました。

日本人(外国人)が中国で働く場合は就業ビザ(就労ビザ)を取得する必要があります。
2013年7月1日入国管理法改正後、就業ビザ取得の最低条件は下記になってます。(上海市)
 最終学歴が大学卒業以上
 就業経験が2年以上あること
 年齢が25歳から59歳まで

   申請手続き
    1 就業許可証の取得 (こちらを
クリックするとサンプルが見られます)
    2 健康診断 (こちらをクリックするとサンプルが見られます)
    3 Mビザで中国に入る。
    6 外国人居留許可の取得(こちらを
クリックするとサンプルが見られます)
      ※居留許可を取得したら、10日以内に就業証の申請をしなければならない。
    7 外国人就業証の取得(こちらを
クリックするとサンプルが見られます)
   の手順で、就業ビザの取得完了です。

就業ビザ新規取得日数

1 就業許可証取得→15営業日
2 健康診断→     7営業日
3 居留許可取得→  7営業日
4 就業証取得→    5営業日

就業ビザ更新日数

1 就業証更新→  5営業日
2 居留許可取得→7営業日

駐在員(就業ビザを取得されている方)のご家族は家族帯同ビザが取得できます。
必要書類としてご家族を証明できる戸籍謄本が必要です。

2013年7月1日の入国管理法改正後、戸籍謄本は認証が必要となりました。
戸籍謄本の認証について →
戸籍謄本に代わる書類について →

※上海でお子様がインターナショナルスクールや日本人学校に入学する場合は家族帯同ビザ(居留許可)が必要です。

ビザの詳細はこちら → クリック

煩雑な就労ビザの取得はお任せください! 
必要書類のチェックや作成から就労ビザ取得完了まで、フルサポートいたします!

新規就労ビザ取得代行一式   → 政府費用込みで 2,500元
就業ビザ更新           → 政府費用込みで 
2,500元
就業証取得             → 政府費用込みで
 1,000元
居留許可取得           → 政府費用込みで
 1,500元

住所変更手続き(入管)   → 
300元
臨時居留証取得代行    → 
300元

なお、お客様のご都合で弊社スタッフの出張(上海市内)が発生する場合は交通費として1回当り100元(交通費込み)を申し受けます。

お問い合わせはこちら>> info@glink21.com

中国上海での現地法人設立やビザ手続代行・コンサルティング・人材派遣・不動産仲介・通訳ガイド、中国語家庭教師派遣・名刺やパンフ等のデザイン制作等あらゆる角度から中国ビジネスをトータルにサポート!皆様に様々な情報をご提供します。

インターネット喫茶などからはこちらをご利用ください>> メールフォーム


表示が遅い場合はこちらをご覧ください>> www.checker21.com

ビザの詳細はこちらをクリックしてください。→ クリック 

個人による日本での中国大使(総領事)館へビザ申請→ クリック

参考資料

中国大使館HP(ビザ関係)

中国ビザについて

中国;外国人就業規制・在留許可、現地人の雇用について(JETRO)

日本の中国大使館及び領事館(JITCO)


就労ビザ(就業証と居留許可)取得手続き代行 (追加説明)

日本から駐在員として派遣される場合や現地採用で就労する場合など、外国人が中国で長期就労する際は必ず就労ビザ(=正確には「外国人就業証」と「外国人居留許可」を指します。)を取得しなければなりません。その申請手続きはいくつものステップを踏まなければならず非常に煩雑で、かつ時間がかかります。

※「健康診断証明書」、「外国人就業許可証書」、「ビザ申請通知書」、日本の中国大使館(領事館)での「Zビザ」等を順次申請・取得し、最終的に「外国人就業証」「外国人居留許可」を取得します。申請にあたっての必要書類も複雑かつ多岐にわたります。

GLink21では健康診断証明書取得(指定病院予約)から、外国人居留許可取得まで中国内の手続きをすべて代行いたします。
ご自身で当地の役所に何回も足を運ぶ必要はありません。すべてGLink21がサポートします。

就労ビザ(外国人就業証と外国人居留許可)取得一括パック料金は 2,500人民元です!
※GLink21代行費用と政府申請費用すべて込みです。

なお就労ビザ申請手続きの一部だけ代行希望のお客様、就労ビザを延長したいお客様、その他ビザ関係でお困りのお客様はお気軽に弊社までお問い合わせください。
info@glink21.com 

必要書類が揃わずお困りの方もご相談ください。

※就業証の申請(企業)を代行するには、正式な許可が必要です。
  弊社の登録カードの確認はこちらをクリックしてください。(カード1カード2カード3

※申請代行(個人)するには、試験に合格し合格証を取得する必要があります。
  弊社担当者の合格証の確認はこちらをクリックしてください。 (

Q&Aコーナー 

お困りの方へ情報交換のブログをご用意しました。

ご利用下さい。 → checker21ブログ

 

お問い合わせはこちら>> info@glink21.com

中国上海での現地法人設立やビザ手続代行・コンサルティング・人材派遣・不動産仲介・通訳ガイド、中国語家庭教師派遣・名刺やパンフ等のデザイン制作等あらゆる角度から中国ビジネスをトータルにサポート!皆様に様々な情報をご提供します。

インターネット喫茶などからはこちらをご利用ください>> メールフォーム


表示が遅い場合はこちらをご覧ください>> www.checker21.com

日本語専用電話もご利用ください。

 川辺    +86-13917667447
 呉小姐   +86-13636381437
 日本    : 050-5879-5022

Copyright(C)2003 GLink21 Business Support Center All Rights Reserved