|

TOPページ

|

会社概要

|

就労ビザ申請代行

|

会社設立代行

|

翻訳・通訳

|

事務所代行

|

パソコン救急センター

|

中国商標・特許

|

役立ちリンク

|

内容が更新されます。ページを更新してください

中国のビザ関係のニュース(人民日報より抜粋)

「三非外国人」への罰則を強化 不法滞在1日ごとに500元の罰金

第11期全国人民代表大会常務委員会・第27回会議は「中華人民共和国出入国管理法」などを可決し、6月30日に閉幕した。京華時報が伝えた。

続きへ

就労滞在証明書の有効期限は最短90日

就労以外の滞在証明書の有効期限は最短180日、最長5年。就労滞在証明書の有効期限は最短90日とする。ビザに記された滞在期限が180日を超えない外国人は、ビザに記された滞在期限まで中国国内に滞在することができる。

続きへ

「外国人は中国国内で就業する場合、規定に基づき就業許可証明書および就労ビザを取得しなければならない。いかなる企業と個人も、就業許可証明書および就労ビザを取得していない外国人を雇用してはならない」
続きへ

72時間以内の外国人滞在がノービザに 北京

北京では、滞在が72時間以内の外国人に対するビザ免除措置が近く実施される見込みとなった。北京青年報が報じた。

続きへ

「三非」外国人の一斉取り締まり開始 北京

北京市公安局は14日、市内における外国人に関連した社会・治安秩序維持を目的として、5月15日から8月末まで、「三非(不法入国、不法滞在、不法就労)」外国人を対象とした「100日特別一斉取締り活動」を展開すると発表した。

続きへ

北京、外国人向けビザ期限通知メールを開始

北京市では9日から、市内在住の外国人にビザや居留許可証の期限が迫っていることを知らせるショートメールを送信するサービスが試験的に始まった。

続きへ

中国、国境地域に外国人拘留・送還所を設立

中国は、入国が便利なことから外国人の「三非(不法入国・不法滞在・不法就労)」問題が深刻化している都市や国境地域にある省・自治区に、外国人拘留・送還所を設立する計画だ。

続きへ

不法入国管理 不法入国しようとした外国人を拘留する場所が無かった

全国の公安機関出入国管理部門が調査・処分した「三非」外国人の人数は、1995年に初めて延べ1万人を突破、2011年には延べ2万人に達した。

続きへ

中国、今年は「史上最悪の就職難」

北京地区の大学卒業生の就職内定率は28.24%であることがこのほど、2013年北京卒業生就職斡旋工作会で明らかになった。

続きへ

中国、「史上最悪の就職難」 政府が全力で新卒者サポート

今年は「史上最悪の就職難」と言われているのを背景に、中国教育部(教育省)は21日、教育関連機関に対して、新規大学卒業予定者(以下、新卒者)の就職活動を全力でサポートするよう求める通知を出した。

続きへ

上海での外国人就業者が、7万人を超える

現在、上海には15万人の外国人がいて、そのうち外国人専門家は8.1万人で、全国の6分の1を占め、上海で就職している外国人は7万人以上で、全国3分の1を占めるという。

続きへ

戻る→